スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FFWD F6Rの交換

こんにちは朔実です。

なんとなく過ごしてると12月になり、もう中旬でそろそろ年末に向けて忙しくなりそうな時期になりました。

そういえばボーナスが出たと思いますが、私の会社は、いきなり大幅カットで、寸志かよ・・・程度の
額しか出ませんでした。これではF6Rの足しにしかなりません・・・皆さんいっぱい出ましたか?

前回だと思いますが、F6Rのフロントホイールのブレーキの効きにムラがあって、どうしたものかと書きましたが
まあ、ダメ元でWiggleの状況を知らせてみました。簡単にやり取りをまとめてみると

朔)購入したF6Rのフロントホイールのブレーキにムラがあるみたいなので、リムの幅を測ると差が大きいので
品質に問題があるので、交換してください。
W)確認したいので写真を送ってください。
朔)リムの状態とノギスで測定した写真を送ります。
W)車体に取り付けた写真を送ってください。
朔)車体に取り付けた写真とホイールを回した時の動画を送ります。
W)問題があることを確認したので、交換しますので、返送をお願いします。←Now!

こんな感じで、ダメ元でお願いしてみましたが、交換処理になりました。

長く海外通販を行なっていますが、交換処理で送り返すのは初めてです。

送り返すのは良いのですが、その前に税金の処理をしなければいけません。まあ3000円程度なので、諦めても良いのですが、会社の近くの関税事務所で処理できそうであれば、トライしてみたいと思います。

しかし、さすがwiggleですね。
昔に比べると日本向けにプレミア価格になった高くなっていると言われていますが、きちっとした対応ができているので、素晴らしいと思っています。

それに比べて国内通販は、価格が高いとよく言われますが、それ以上に営業努力がたりないかなと感じています。
品数が少ない、在庫は問い合わせ、問い合わせても返事が遅い、サイト行ってもいつも同じ画面で、探しているものしか見ないので、必要以上のものは買わない。まあ、どこも個人商店に毛が生えたようなレベルの規模なので、無理な話かもしれませんが、こういう時代なのでもう少し頑張って欲しいと思います。
そんなわけで私が使っている国内通販は、
アサヒ・・・・・・・・品数が多い
SANA・・・・・・・・・安い
PAX・・・・・・・・・・スポークはここで買ってる、レスポンスが良い

そろそろ円高も終わりで、いづれ国内通販に回帰かと思いますが、それでいいのか?ですね。

CANYON Ultimate CF SLXステム

こんばんは朔実です。

今、80mmと短いステムが付いていますが、90mmか100mmに伸ばそうかと考えていて、純正のステムが手に入らないかとネットを探していたら、こんなサイトを見つけました。

http://www.paligap.cc/Ritchey-WCS-4-Axis-44-Stem-%281.1-4%29_5035_p

New For 2013! Ritcheys legendary 4 Axis 44 stem is now available for steerer tubes with a 1.1/4 diameter

2013年モデルから1-1/4に対応するようですね。嬉しい限りです。

これで発売されるまで待つことにします。

Ritcheyのサイト見たら掲載されてますね。
http://www.ritcheylogic.com/dyn_prodfamily.php?k=568038

無いものとばかり思い込んでいたので、これこそ灯台下暗しですね。

グランテックのホイール交換

こんばんは朔実です。

先週に引き続きF6Rのフロントブレーキの調整で荒川を走って来ました。

パッドの位置を調整してみましたが、結局問題は解消せず、家に帰って表面を観察したり、リム幅をノギスで測って考えた結論が、リム幅が均一でないことが原因のようで、リムの幅が21.5~22mmと0.5mmも差があります。これは交換のお願いレベルでしょうかね?一応wiggleに確認してみます。

本題はこの前作った手組みホーイールをグランテックに取り付けてみました。

IMG_4875.jpg

リムテープは22mmを使用です。意外と幅広です。

IMG_4881.jpg

取り付けた感じです。WH-R501と比べると全体のイメージがまとまっていい感じになりました。

ブレーキもWH-R501の時と比べるとよく効いて止まります。

ただ、PX-45リムは、ARAYAのカタログを見るとリムの内幅が17mmで、25Cだとギリギリなので、いい加減にはめるとリムからタイヤが外れます。今回もはめて空気を入れたら、一部がリムから外れてました。気をつけないと危ないですね。

今後の予定としては、サドルとグリップをブルックスにして、ハンドルをNITTOのオールラウンダーバー(B206)当たりに交換して、雰囲気を出したいなと考えてます。


初めてのF6R

こんにちは、朔実です。

3連休はどうでしたか?

土日は寒いと言われながらも暖かくなったので、自転車日和でしたね。

私は土曜は練習用ホイール、日曜はFFWD F6Rで走って比較を行いました。

まずはタイヤの取付ですが、空気を入れて伸ばしていたので、比較的簡単に取り付けられました。
ちなみにMIYATAのチューブラーテープTTP1を使用しています。便利ですよね。

IMG_4869.jpg

スプロケは平地に比重をおいて12-23、タイヤはコンチネンタル、コンペティションの10気圧です。

で、ホイールをセットするとこんな感じです。
IMG_4872.jpg IMG_4873.jpg

だいぶ印象が変わりますね。ダウンチューブがぶっといので、普通のホイールは、貧弱に見えますがF6Rにすると見た目のバランスも取れて、かっこ良くなりました。

で、いきなりですが、後輪から空気が漏れているようで、後輪がふにゃふにゃになってしまいました。初めてのディープということで、気持ちが先行して、延長バルブの空気漏れをきちっと確認しなかったのが失敗したようです。どうしよう・・・と思いましたが、仕方なく一度はがして、バルブの空気漏れを確認したら、ものの見事にバルブから空気が漏れてました。再度締め直して、空気漏れがないことを確認して、テープはそのまま再利用で取り付けましたが、TTP1を付けたままだと延びないみたいで、余計な苦労をさせられました。

再度空気を入れなおして、お昼を食べながら空気漏れのないことを確認、今度はOKでした。

IMAG0278.jpg

ということで、荒川をいつもの新砂まで軽くのつもりで走り始めましたが、レストランさくらからの合流で同じF6RをはいたTCRに先行されたので、ちょっと負けじと踏んだのですが、相手のエンジンのレベルが少し高かったようで、徐々に離され堀切あたりでちぎられてしまいました。

簡単にインプレですが、他のブログでも書かれているように、まず軽いです。1300g台のホイールは手持ちの中でも最軽量なので、漕ぎ出しが非常に軽いです。そして軽さもありますが、さすがディープ向かい風の中でも踏めば前へ前へと進みます。これが良い所でもあり悪いところでもありますね。いつものOpenProであれば34~37km/hあたりでスピードが頭打ちになるので、巡航速度としてはこのあたりかなと諦めるのですが、いつもの速度からでも更に加速しようとするので、それに合わせて踏み続けると結果として体がついて行きません。走ってるときもスピードは乗るけど、いつも以上に足への負担があるなと非常に違和感を感じながら走り続けていました。距離も70kmを流す程度ですが、いきなり筋肉痛になりました。他のブログでも硬いと書かれているのを読んだことがありますが、硬さを実感させられました。こんなんで1日走ったらたまらないなと思わされました。機材が人を選ぶ、そんな一例かもしれません。あと、万能と言われるように坂を登った感じも非常に感触がよく、荒川の一般道への側道の登りなど、kysriumSL以上に踏むと重力を感じずにすっと登れます。平地もいけるけど登りも結構凄そうだなと思いました。年末にまたジャパンカップのコースを走りに行きたいと思いますが、今度はF6Rか!?と頭をよぎりました。
基本的にはものすごく良いホイールですが、一つだけ問題としてブレーキの効きにムラがあるところです。アルミと違って、カーボンホイールだと製造上、仕方ない部分なのかもしれませんが、私の場合は、後輪はムラなく非常に綺麗にブレーキが掛かりますが、前輪にムラがあるようでガッツンガッツンと非常に気持ちが悪いです。

ホイールとは関係ないのですが、F6Rに変えてから変速がおかしくなったり、RDのゲージが定期的に異音を発するようになったりと、そろそろオーバーホールの時期がやってきたようです。2年乗ったしケーブルも新しくしたいので、年末年始でやってみようかと思います。




手組みホイールをしてみましたが・・・

こんにちは朔実です。

格安でハブが手に入ったので、久しぶりに手組みのホイールを作ってみました。

まあ、始めたのは良いのですが、毎回スポークの計算をしくじります。今回も良い感じにしくじって、あれれです。

ハブはSHIMANOのFH4500、HB4500の36Hです。
リムはARAYAのPX45です。

スポークの長さは3クロスでフロント300mm、リア296mmと295mmにしましたが・・・・
フロントが長すぎで、ニップルからスポークがはみ出し、リアもフリー側が少しはみ出してしまいました。

IMG_4856.jpg IMG_4857.jpg

ということで、再度スポークを注文です。

今度はフロント298mm、リアのフリー側を294mmにしてみました。

そして、いざ届いてみると・・・298mmが16本・・・頼み間違えた・・・・

ということで、298mmを20本再々注文です。

とりあえずリアは組めそうなので組んでみました。

IMG_4867.jpg

結果としては、フリー側が100kgf、反フリー側が54kgfになりました。はじめはセンターを出すためにどんどんテンションをあげていたのですが、140kgfあたりでホイールがよじれました。慌ててテンションを下げて落ち着いたのが今回の結果です。

OpenProではこれくらいなんでもないのですが、このリムは思ったより柔らかいですね。まあ、CRCで600円のリムなので、この程度でしょうか?

組んだのですが、使い道がないので、通勤用のグランテックにはかせようかと思ってます。

やっぱりOpenProは良いリムだなと、しみじみ感じさせられました。
プロフィール

sakusakuikuyo

Author:sakusakuikuyo
仕事と自転車と自由を愛する39歳です。
最近の悩みは、体重が減らないことかな・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。