スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰っていったF6R

こんにちは朔実です。

交換のF6Rはイギリスに帰ってしまいました。

それにしてもwiggleはとても親切です。

返送処理で、交換を選択するべきところを間違えて、返金にしてしまい、慌てて返金ではなく交換のメール
を入れるときっちり、返金から交換に変更したので安心してくださいとのメールがありました。

以前に、国内通販で購入したもので不具合があり、問い合わせをしたら、うちは売っただけなので、代理店に話してくれと返され、代理店と直接やり取りをやった挙句に、返品、返金処理という目にあったことがあります。またその代理店の対応が遅い上に、代理店のくせに知識に乏しく、みょーな言いがかりをつけたりと1ヶ月近くかかったことがありました。

そんなこともあったので、wiggleの対応の良さには、正直びっくりです。

それはさておき、返品処理ですが、送り返すだけならEMSとinvoiceを書いて郵便局に持ち込めばよいので
そこまでも大変ではありませんが、今回は税金還付を行ったので一手間かかりました。
正直、会社の近所で、交換なのでまた税金取られるので還付処理をしましたが、遠かったり、1000円程度なら
交通費と労力の無駄なのであまりおすすめできません。

還付に必要な書類は、
1.領収書(荷物に添付されている)
2.国際郵便物課税通知書と領収書(荷物に添付されている)
3.invoice(荷物に添付されている)
4.返品をすることを了承したメールなど
5.現物
6.印鑑

手順としては
1.税関及び税関事務所に出向きます。
今回は江東区の東京税関東京外郵出張所に行きました。場所はSUNAMOの近所です。
2.3Fの事務所の一番奥が輸出手続きのカウンターに出向きます。
3.関税払戻し申請書を2枚書きます。
内容は、送り返す商品、金額、還付金の振込先などです。
その時にinvoiceと返品することを了解している旨のメールを確認されます。
4.返品するものの確認
今回はホイルにF6R、ハブに240Sと書いてあり、タイヤも型式など確認できたので、すぐ済みましたが
型式がわかりにくい商品などは、メーカーのカタログやショップの商品の画像などをあわせて持って行くと
確認が早いと思います。
5.梱包をすると封に検査済みの印が押されます。
6.郵便局からEMSで発送します。
7.発送をの控えをもって再度事務所に出向いて、発送を確認してもらいます。

こんな感じで、事前に連絡して還付の手続きの旨を伝えておけば、返送する商品の記録を予め調べてもらえる
ので手続きは早く終わるかと主ます。今回は商品の一部を返品するため、金額の1円以下の計算で手間取りましたが、早ければ30分程度で終わると思います。振込には1ヶ月程度かかるようです。

今回還付手続きをして思ったことが
・事前に連絡しているので、入り口に所からああ、電話いただいた方ですねと対応が良かったので、事前に
 連絡しておくのが良いかなと思います。
・関税事務所はどこも結構辺鄙なところで、今回は送料が少し不足していたので、慌ててATMを探しましたが
 郵便関連施設なので郵貯ATMがあると思いましたが、ありませんので送料分の現金はもっておくのが良いです。
・先にも書きましたが、現物確認は結構キチンとみられますので、自分で見てこれは商品の確認が出来ないな
 と思ったらカタログなどを用意しておくと良いと思います。

年内に帰って来れば良いけど、クリスマスシーズンということもあって、戻ってくるのは年明けなのかな?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sakusakuikuyo

Author:sakusakuikuyo
仕事と自転車と自由を愛する39歳です。
最近の悩みは、体重が減らないことかな・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。