スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャパンカップコースを走る2

こんにちは、朔実です。

今週は3連休ですが、いかがお過ごしでしょうか?

私は秋の展示会シーズンの準備で3連休も仕事しています。

とは言っても、機器の調達ミスで土曜が空いたので、再度宇都宮に出向いて、ジャンカップのコースを走って来ました。今回は5週およそ80kmで、距離に対してやはり疲労度が高く、帰りの車の中では結構ぐったりでした。
タイムは1週が33~35分で、昨年の優勝タイムが4時間8分、約1週25分で10分遅れです。ダウンヒルと平地を頑張れば、1分程度は短くなるかと思おいましたが、周回数を考えるとこれくらいで抑えないとたぶん無理じゃないでしょうか?
ペーストしてはスタートから登りの始まるところまで4分、登り5分、ゴルフ場までの下りが4分、国道に出るまでが4分、萩の角まで6分、鶴カントリーの登りまで6分、ゴールまで4分のような感じです。1回目に比べると慣れましたが、やはり古賀志林道山頂と鶴カントリーの登りは憂鬱にさせられます。古賀志林道山頂は、坂レンジャーの落書きを超えて左に曲がる登りを超えれば少し勾配が緩いのか、後少しという気力なのかなんとな登り切れます。昨日もどこかのチームだったと思いますが、こっちがシッティングで黙々と登っているところをダンシングで軽くパスされどんどん引き離されました。そこで熱くなってペースを上げると自滅するので冷静に冷静にでしたが、11km/h程度したでないので、まだまだ情けないレベルですね。鶴カントリーの2段上りもシッティングでペースを落とせばまあ登れるのですがやはり8割登ったところで辛くなり、気力で鶴カントリーをパスします。全体的に言えることが、絶対的な練習量が足りないし、体重も重すぎます。やはり全体の半分程度が登りなので、体重があるのは絶対的にマイナスですね。そう思いつつもなかなか体重が減らないのが中年の辛いところですね。
今回の練習で、だいぶコースに慣れてきたので、家では、3本に負荷装置を追加して走りこみをしたいと思います。

あと、PRO4の感想ですが、ウェットは苦手のようです。今回、古賀志林道山頂からのダウンヒルで、台風で枝や落ち葉が路上に散乱して、その上前日雨という非常に滑りやすい状況だったのもありますが、リアブレーキでおしりを振るような状況になり、あわやコースアウトで落下という自体になりそうでしたが、なんとかコースアウトですみドキドキさせられました。2週目以降にその場所を見ると綺麗に滑ったあとが残っていて、路面状況のせいでダウンヒルが遅かったのもありますが、PRO4は雨はダメかと思いました。前回のドライな路面の場合は、非常によくグリップするので快適でしたが、今回のようにウェットな路面だとスリックのためかグリップしないため、直線でも、何もないドライな場所を探して、ブレーキングしながら減速してコーナーの連続で気が抜けませんでした。

PRO4は結構気に入っているのですが、やはり路面状況が悪い場合を考えるとGP4000SかVeloflexですね。

帰りは正詞、戸祭店で餃子を貯めて帰りました。これから寒くなると水餃子が美味しくなるなと思いながら食べてました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sakusakuikuyo

Author:sakusakuikuyo
仕事と自転車と自由を愛する39歳です。
最近の悩みは、体重が減らないことかな・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。