スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ESXi5.0+iSCSIの問題

おはようございます。朔実です。

今日はお仕事の話です。

今、仕事として社内で製品検証を行なっています。サーバ/ストレージ屋なのですが、ネットワークよりの機会を任されて、1年も経つのに未だにネットワークがよくわかりません。そのためか未だにストレートもクロスも混ぜて適当に接続してしまうので、よくネットワーク屋に怒られます。

だって、サーバ屋からしたら、接続できればケーブルなんてなんでもいいんだよ!です。

そんな話はおいておいて、どっちかというと本業の仕事なのですが、本業といってもここ数年、客先で案件に使っていたので、LinuxとかVMにはだいぶ疎くなっています。そんな状態なのにStorageVMotionの試験をしてくれていきなり言われたので、ESXi4で作ったことがあったので造作も無いと思っていましたが、ESXi5.1ではSSOなんか使ったりしている関係か、事前準備であれやれこれやれでなかなか進まないし、アプライアンスがあるので楽勝!とおもってインストールすれば起動しないと、変なトラブルに巻き込まれて、時間もないのに久しぶりに焦りました。結果としてはESXi5.0+vCenterServer5.0で構築、検証が終わりましたが、やれやれで再起動をかけたら、なかなか上がって来ません。下記のメッセージで何故か停止します。

iscsi_vmk loaded successfully

はじめは、どうしようもなく強制リブートしましたが、結果が変わらないので検索してみるとiSCSIを使っていると発生する現象のようでした。詳しくはリンク先を見てください。

いつか、そのとき、あの場所で

私の場合は、10分程度で戻ってきたので、とりあえずそのままです。

データ取り終わっていたので冷静に判断できましたが、テンパっていたらどれだけ焦ったかと思いました。

検証環境がVMに移行したので、もう少しまじめに勉強しないといけませんね。
スポンサーサイト

VMが死んだ

おはようございます。朔実です。

今朝VMの調子が悪いので再起動したら起動しなくなりました。

BANK5: invalid update counter.
NO hypervisor found.

ネット検索しても情報が出てきません。

再インストールでしょうか・・・・手元にバックアップのないゲストOSもあったり、急ぎに仕事があったりと今壊れられると困るんだけどな・・・・

負荷試験 その後

おはようございます。

女子サッカーは負けてしまいましたね。
私は見ていなかったのですが、渋谷では大騒ぎのようです。

パブリックビューイングの観客のインタビューを見ていましたが、銀でも内容は金と
良く聞かれるフレーズを口にしていましたが、銀はやっぱり銀で、金ではありません。
たぶん、その差はわずかだったと思いますが、そのわずかを上回れなかったので
負けは負けなので、次にがんばるで良いのではないでしょうか?また澤一辺倒だった
チームが、周りの成長が著しかったので、4年後が楽しみです。
あとすごかったのが、レスリングの吉田、得意のタックルが研究し尽くされてると
言われていましたが、やっぱり得意技のタックルは容易に封じ込められませんでしたね。
これで、オリンピックもほぼ終わりじゃないでしょうか?

なんかオリンピックの話になってしまいましたが、httpsのセッションが頭打ちになる件は
解決しました。

結果は非常にお粗末な話で、1台のサーバに以前のテストで設定していた仮想IPの設定を
解除し忘れて、負荷が集中したというのが問題の原因で、仮想IPの解除を行ったところ
問題は解決しました。
それでhttpと比較してhttpsはというと、1割減のパフォーマンスでした。まあSSLの復号化
再暗号化を行っているので、多少のパフォーマンス低下は予測していたので、予測範囲内
かなと思いました。

テストは終わりかと思われましたが、よくよく内容を読んでいると、テスト構成が違いました。
ルーターを挟んだ冗長加工性でテストしてくれと書いてあるので、またやり直しです。

ということで、vyattaのインストール中・・・

負荷試験

こんばんは朔実です。

オリンピックも佳境ですが、まだまだ見逃せない競技が残っていますね。
寝不足の日が続きますが、後少しなので観戦頑張ってください。

今日は珍しく仕事の話です。

一応IT関連会社に努めてますが、現在、WAN高速化装置という機械の負荷テストをしています。
どういう機械かというと、ネットワーク経由のアクセス速度が早くなるというある意味魔法の
ような機械です。仕組みは、説明が面倒なので省きます。

で、あるお客さんから仕様通りのパフォーマンスが出るかの確認をしてくれと依頼されました。
仕様では6000セッションまでいけるので、6000セッションの負荷をかけるのですが
なかなかこれが難しいです。一応下記のツールを使ってみました。

・ApacheBench
・httperf
・jmeter
・iperf

はじめはApacheBenchを使っていましたが、どうしてもセッションの維持ができないのか、ピークを
境に下降線をたどります。また、作りが悪いのか、ある分のリソースを専有するのか複数起動が
できませんので、Apacheのチェーニングも含めて色々試しましたが、結局安定的なセッションを得られず
断念しました。

次にhttperfを使用して、これは複数起動も可能なのですが、500セッションの場合でも、3000セッション
の場合もCPU使用率が変わらなかったので、何やっているのか結局わからないので、これも断念しました。

iperfも似たような感じで、やはり安定的なセッションが得られなかったので、断念しました。

最後に残ったのが「jmeter」、フリーのくせに高性能なので、使いこなしも結構大変で、色々悩みました。
結局のところ、1台800セッションを発生させて、8台のjmterサーバーを立ちあげて、8台のApacheサーバ
の合計16台のサーバで安定的な負荷をかけることができました。
でもいい時代になりましたね、仮想化技術でリソースに余裕があれば、何台でもサーバが作れるので
試験がしやすくなりました。VM様様ですね。

httpで6000セッションは問題なくできましたが、httpsのテストに切り替えたら、またまた問題発生です。
httpsでアクセスすると1200セッションを境にセッションが切れてしまいます。WAN高速化装置の限界では
ないはずなので、何が原因でしょうか?

今週も悩みがつきません・・・・

gmail managerでログイン出来ない?

こんにちは、朔実です。

ここ最近、イベントの準備でほぼ外出です。

私はスマートフォンも含めてgmailを使用していますが、PCではfirefox+gmail managerを使用して
複数のアカウントを管理しています。

gmail managerは、複数のアカウントのメール状況をリアルタイムにチェックできるので、非常に重宝して
いますが、最近、追加アカウントを作成して、あれ?と思いました。

これまでのアカウントのパスワードは、gmailの管理画面で”強”レベルで設定していましたが、一時アカウント
ということで、辞書単語レベルのパスワードを設定したのですが、gmail managerからログインすると時々
ログインできなくなります。web経由ではログインできるので、しょっちゅうログインできなくなります。
そういえば、昔友達に作ったアカウントも、ログインできなくなったと言っているので、もしかしたら仕様変更?
と思うようになりました。ざっと検索したのですが、そういう情報は上がって来ませんが、パスワードを変更したら
解消したので、そうじゃないかなと思っています。

しらっと、仕様変えられるのはほんとうに困りますよね?

プロフィール

sakusakuikuyo

Author:sakusakuikuyo
仕事と自転車と自由を愛する39歳です。
最近の悩みは、体重が減らないことかな・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。