スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日も荒川

こんにちは朔実です。

今年もあと2日、皆さん大掃除などで忙しくされているんじゃないでしょうか?

私はのんきに荒川を流してました。

左岸からの風景です。
IMG_5001.jpg

少し寄ってみました。
IMG_5002.jpg

CASATIです。
IMG_4999.jpg

今回は、久しぶりにCASATIでお出かけです。

今年はローラーの上でがんばってくれたので、久しぶりに荒川に引っ張り出して見ました。

改めてみてみると錆や塗装のはげが見えてるものの、まだまだめっきもきれいで、統一されたマリアローザカラーはとても綺麗で、乗っていても楽しいです。
正直なところ、CASATIに乗るとCANYONの乗りにくさが際立って、いつも考えさせられます。
わかりにくいたとえで言うと、CASATIはVTで、CANYONはガンマです。たぶんわからないでしょうね・・・

まあそれはいいとして、前にも書きましたがF6Rにも戸惑ったりと、CANYONに乗るのが少々つらくなってきたので、乗り換えたいなぁ~と考えています。

候補としては、下の3つです。
DEROSA CORUM
CASATI Laser
Tommasini Fire

クロモリはほしいけど、今乗ってるCASATIとかぶると面白くないので、インテグラルヘッドとカーボンフォークを基準に選んでみました。でも、どれもマイナーで特にTommasiniFireなんか、いくら探しても国内で乗っている人が見つかりません。アクションスポーツも近いので年明けにでもどんな感じなのかを聞きにいこうかと考えています。予算しだいではステンレスのX-Fireも心惹かれてしまいますね。もう少し予算があればチタンもほしいですね。チタンならTITANIOかな?

レストランさくらは29日からお休みのようです。
IMG_5003.jpg




スポンサーサイト

レンタルサイクル

こんにちは朔実です。

今年もあと2日ですね。

私は職場の掃除があったりと少しつかれますが、仕事の方はほぼ年末モードです。

年末何かと忙しいのに突然母親が東京に来ると言って、突然遊びに来ました。
まあ、うちの家族は、半年前から予定して・・・なんてことはしない家族で、その中でもダントツに私が風来坊で、東京から帰るのに空港で飛行機に乗る前に2時間後に迎えに来てなどと結構無茶なことをします。
そんな事ばかりするので、池に帰っても何も食べるものがないということが多いです。
そんな私なので、別段驚きはしませんが、こんな人が混む時期に来なくてもいいのにとちょっと思わされました。

そんな母のリクエストで、横浜まで出かけてみました。
普段なら2時間もかからないでいけるところが、どこを走っても渋滞で3時間以上かかりました。
これだから年末は嫌ですよね。

それはさておきお昼は中華街の萬珍樓でランチを食べて、山下公園、赤レンガ倉庫をぷらぷらと歩きました。

そんな、山下公園で面白もい物を見つけました。
IMAG0302.jpg
レンタル自転車です、1時間100円で、1日だと500円くらいでした。
横浜コミュニティサイクル
IMAG0303.jpg

案内を見てみると周辺に何箇所もレンタル自転車のスポットがあり、どこに返却してもOKでこれであれば、山下公園で借りて、周辺の観光スポットを散策して、駅に近いところに返却すれば、非常に便利ですよね。山下公園を中心にして観光スポットを回るにしても歩くとちょっと大変だし、タクシーの移動もお金がかかるなどを考えると、春や秋は非常に人気が出そうですね。

ただ、止まっている自転車を見るとサビが出ていて、台数やレンタルスポットを増やすのは良いけど、メンテナス費用のことを考えると、どこの観光地でもという訳にはいかない感じですね。

今回は母もいたので借りませんでしたが、暖かくなったら一度試してみたいと思います。

そお言えば・・

こんにちは、朔実です。

12月に入って選挙があったせいで、何かと時事ネタも選挙の話題で色々流されたところがあります。

その中で、見かけたけどすっかり忘れてたことに、アレックス・モールトンの生みの親
アレックス・モールトン氏が12月9日に亡くなられていたニュースをちらっと見て忘れていました。

アレックス・モールトンといえば、有名な小径車で、バカ高いのでなかなか手が出ません。
実は駅から会社までの道のりで、アレックス・モールトンで通勤するおばさんをよく見かけていたのですが
最近ダホンに変わってたので、盗まれたのではないかと他人ながらに心配しています。

こういう機会なのでアレックス・モールトン氏についてネットで調べるとへ~と思うことが色々わかりました。
・戦時中はブリストルでエンジンのデザインを行なっていた。
・車のサスペンションの開発を行なっていた。

たいした情報はありませんでしたが、生粋のメカ屋さんですね。

同じような人にYS-11という小径車を作っている方が飛行機→車→自転車と似たような経歴でしたね。

享年92歳ですので、大往生と思いますが、自転車界の大きな星がひとつ落ちてしまいましたね。

それにしてもTSR-30のフレームの価格は信じがたい価格ですよね。

選挙

おはようございます。朔実です。

日曜はこの時期とは思えないくらいの暖かさで、長袖で走りに出かけたことを後悔するくらい良い天気でした。
荒川は思ったよりも少なく、皆選挙に行ってるのかなとも思いましたが、どうだったんでしょうか?

衆院選挙もおわり、勢力図がガラっと変わってしまいました。

まあ、事前予想の通りで、驚くことはありませんが、今回の結果に関しては少々不安も感じます。

自民党圧勝による右化傾向は何よりも人々を不安にさせますし、生まれ変わったとはいえ、そうそう体質が
変わるわけではないので、無駄な公共工事がまた増えるのかと思うと、ほんとうに大丈夫かと思います。

それ以上に不安にさせられるのが、投票率です。正式な数はわかりませんが多分60%を切るのではないかと
思われます。つまり10人に4人は権利を放棄していることになります。また、年齢別の投票率が出ていないので
これまでの傾向で考えると棄権した4人のうち3人は20代の若者ではないかと思われます。多分、行ってっも
なにもかわらないので馬鹿らしいなどで、行かない若者も多いかと思いますが、棄権行為は自分で自分の
首を絞めていることをなぜ理解しないのかと考えます。今の政治家にとって国民とは投票してくれる人=高齢者
ですので、これからも引き続き高齢者の方を見て政治をしていくんでしょうね。仕事、給料、年金、将来を
考えるのであれば、もう少し考えてください。今回は終わりましたが、次の選挙で20代の投票率が90%になると
政治家もびっくりして、若者向けの政策をバンバン出してくると思うんですけどね。

次の選挙に向けて維新、みんな、未来あたりに実績を作ってもらい、天下三分の計ではありませんが、ある程度
自民・公明の動きに歯止めがかかると安心できるんですけどね。

あと、昨日はテレ東の池上彰をメインに見ていましたが、組織、団体の例として、太田昭宏が創価学会を取材して
いましたが、公明党=創価学会を明確に紹介したり、石原慎太郎に怒られたあとに、石原慎太郎から謝りの連絡が
あったことに対して、相手によって態度を変える人ださらっとコメントしたりと、結構面白かったです。
さすが池上彰なのか、テレ東なのか、褒めちゃいます。

帰っていったF6R

こんにちは朔実です。

交換のF6Rはイギリスに帰ってしまいました。

それにしてもwiggleはとても親切です。

返送処理で、交換を選択するべきところを間違えて、返金にしてしまい、慌てて返金ではなく交換のメール
を入れるときっちり、返金から交換に変更したので安心してくださいとのメールがありました。

以前に、国内通販で購入したもので不具合があり、問い合わせをしたら、うちは売っただけなので、代理店に話してくれと返され、代理店と直接やり取りをやった挙句に、返品、返金処理という目にあったことがあります。またその代理店の対応が遅い上に、代理店のくせに知識に乏しく、みょーな言いがかりをつけたりと1ヶ月近くかかったことがありました。

そんなこともあったので、wiggleの対応の良さには、正直びっくりです。

それはさておき、返品処理ですが、送り返すだけならEMSとinvoiceを書いて郵便局に持ち込めばよいので
そこまでも大変ではありませんが、今回は税金還付を行ったので一手間かかりました。
正直、会社の近所で、交換なのでまた税金取られるので還付処理をしましたが、遠かったり、1000円程度なら
交通費と労力の無駄なのであまりおすすめできません。

還付に必要な書類は、
1.領収書(荷物に添付されている)
2.国際郵便物課税通知書と領収書(荷物に添付されている)
3.invoice(荷物に添付されている)
4.返品をすることを了承したメールなど
5.現物
6.印鑑

手順としては
1.税関及び税関事務所に出向きます。
今回は江東区の東京税関東京外郵出張所に行きました。場所はSUNAMOの近所です。
2.3Fの事務所の一番奥が輸出手続きのカウンターに出向きます。
3.関税払戻し申請書を2枚書きます。
内容は、送り返す商品、金額、還付金の振込先などです。
その時にinvoiceと返品することを了解している旨のメールを確認されます。
4.返品するものの確認
今回はホイルにF6R、ハブに240Sと書いてあり、タイヤも型式など確認できたので、すぐ済みましたが
型式がわかりにくい商品などは、メーカーのカタログやショップの商品の画像などをあわせて持って行くと
確認が早いと思います。
5.梱包をすると封に検査済みの印が押されます。
6.郵便局からEMSで発送します。
7.発送をの控えをもって再度事務所に出向いて、発送を確認してもらいます。

こんな感じで、事前に連絡して還付の手続きの旨を伝えておけば、返送する商品の記録を予め調べてもらえる
ので手続きは早く終わるかと主ます。今回は商品の一部を返品するため、金額の1円以下の計算で手間取りましたが、早ければ30分程度で終わると思います。振込には1ヶ月程度かかるようです。

今回還付手続きをして思ったことが
・事前に連絡しているので、入り口に所からああ、電話いただいた方ですねと対応が良かったので、事前に
 連絡しておくのが良いかなと思います。
・関税事務所はどこも結構辺鄙なところで、今回は送料が少し不足していたので、慌ててATMを探しましたが
 郵便関連施設なので郵貯ATMがあると思いましたが、ありませんので送料分の現金はもっておくのが良いです。
・先にも書きましたが、現物確認は結構キチンとみられますので、自分で見てこれは商品の確認が出来ないな
 と思ったらカタログなどを用意しておくと良いと思います。

年内に帰って来れば良いけど、クリスマスシーズンということもあって、戻ってくるのは年明けなのかな?
プロフィール

sakusakuikuyo

Author:sakusakuikuyo
仕事と自転車と自由を愛する39歳です。
最近の悩みは、体重が減らないことかな・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。